バドブログ

『手軽に出来る!』バドミントンコートのポールを使ったトレーニング4選

KOKACAREバドミントンスクール、ヘッドコーチの竹内裕詞です。よくバドミントンをやる方は実感しているかもしれませんが、

意外と、、、

バドミントンのポールって重い…(笑)

ですよね。もちろんポールの種類にもよるのですが、9~12kgあるそうです。

(引用)楽天サイトより

なかなかな重さです。

でもこれぐらい重いのであれば、、、

ポールを使ってトレーニングをやっちゃえば、手っ取り早いのでは?😊

そう思った方は賢いです(笑)

せっかくだったら、ジムでフィジカルトレーニングするのを無くしてしまえば、時間もお金も節約できちゃいます。

本日はそんな、ポールを使ったトレーニングを紹介していきます。

ただポールによっては錆びていて、ウェアが汚れてしまう可能性があるので、その点だけは注意してくださいね!!!!

ポールを使ったトレーニング4選

①胸ポール

(引用)基本が身につく バドミントン練習メニュー200

ポールを落とさないようにしっかり握り、腕を前に伸ばし、ポールをゆっくり胸元に引き寄せます。

【狙い!】
バドミントンで使う上半身の筋力、柔軟性を向上させる

これが今回の練習の『狙い』です。これを忘れて何となくやっていても、何となくの練習にしかなりませんし、特に指導者は『狙い』をはっきりさせておきましょうね。

手順確認です。

【手順】
①ポールを持ちながら腕を前に伸ばし、ゆっくり胸元まで引く。これを10~15回繰り返す。

注意点は、こちらです。

【注意点】
・ 速く前後する必要はない
・腕を深く曲げる
・常に胸をはり、上半身がブレないように

これらに注意してやっていきましょう!

次いきます!

②二の腕ポール

腕を曲げて頭の後ろまでポールを下げ、ポールが一方に傾かないように、左右バランスよく持ち上げます。

【狙い!】
バドミントンで使う上半身の筋力、柔軟性を向上させる

手順確認です。

【手順】
①ポールの中心を順手で握り、頭上に持ち上げる
②ヒジから先の前腕だけを頭の後ろまで曲げて、再び頭上まで持ち上げる。これを10~15回

注意点は、こちらです。

【注意点】
・ ポールを持った時にバランスが崩れないように
・慣れてきたら頭上を通過して、頭の前までポールを戻すように

これらに注意してやっていきましょう!

次いきます!

③腰ポール

身体の軸がブレないように、両足でしっかり支えてひねり、腹筋を意識して逆方向へひねります。

【狙い!】
バドミントンで使う上半身の筋力、柔軟性を向上させる

手順確認です。

【手順】
①写真のようにポールをもつ
②ゆっくりと左右に身体をひねる。これを20回。

注意点は、こちらです。

【注意点】
・ スイング時に使う筋肉の柔軟性を向上させる練習である
・身体の軸を意識しながら、ゆっくりと左右にひねる

これらに注意してやっていきましょう!

ラストいきます!

④足ポール

足を大きく前へ踏み出し、膝をしっかり曲げて腰を落とします。

【狙い!】
バドミントンで使う下半身の筋力、柔軟性を向上させる

手順確認です。

【手順】
①写真のようにポールをもつ
②片足を前に大きく踏み出し、中心に戻す。左右の足を交互に踏み出す
③身体を正面に向けたまま、片足を横に踏み出す。左右の足を交互に踏み出す。これを10~20回。

注意点は、こちらです。

【注意点】
・ 腰を深く落として足を踏み込む
・動くときは身体がブレないように下半身を安定させる

これらに注意してやっていきましょう!

以上4つのポールトレーニングを紹介していきました!

社会人だけでなく、学生もバドミントンの練習効率を高め、残りの時間は、仕事や家庭・勉強などに使うことももちろん大切です。

ポールトレーニングは時間短縮になるトレーニングメニューです。

ぜひ、必要に応じて取り入れていきましょう。

【参考文献】

・基本が身につく バドミントン練習メニュー200(池田書店)

株式会社KOKACARE代表取締役社長、KOKACAREバドミントンスクールヘッドコーチ。中学校からバドミントンを始め愛知県代表。高校では進学校の旭丘高校に通いながらバドミントンに没頭。慶應義塾大学に進学し関東学生でベスト16。教育業界・人事職を8年勤め、現在は小学生から社会人まで幅広い年代のバドミントン教育に携わる。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP