スクールブログ

体幹トレーニングでバドミントンが強くなりたい!!そもそも体幹とは何ぞやを知ろう!

こんにちは😊バドミントントレーナーのYukoです。

今日はこんな方に向けた動画です!!

  • コーチから「くにゃくにゃして打たない!!」って言われる方
  • キツイ体制で打った後、身体を立て直せない方
  • 体幹が大事だ!!と思ってトレーニングしているのに、効果を感じない方

そんな方向けの動画です!

最初の、くにゃくにゃして打ってしまうというのは

まだ身体が小さいジュニアの選手によくみられます💦

KOKACAREバドミントンスクールに来られる方でも本当に多いです!!!

バドミントンって「体幹が大切!!」というのはよく言わますが

体幹ってちゃんと理解している方って少ない気がします。

「お腹に力を入れることでしょ??」

いえいえ、実はそれだけは不十分です!!

今回のブログでは、この体幹とは何ぞや??いうことのについて説明し

具体的にこんなトレーニングするといいよー!!

というのをご紹介していきます😊

体幹とは??

体幹意識しろー!!!などと言われる体幹

そもそも体幹とは何でしょうか??

体幹とは、大きくいうと「胴体」のことを指します。

背骨を中心として、背骨を囲んでいる胸、背中、お腹、お尻などの部分を合わせて

「体幹」と言います。

しかし、よく体幹トレーニングという言葉で使われる「体幹」は、

もう少し狭い意味を持っています。

これは、内臓を包んでいる「お腹周りの筋肉」のことを体幹と言って、

インナーマッスルなんて呼ばれることもあります。

皆さんがイメージする体幹もこのお腹周りの筋肉のイメージですよね!!

話しは変わりますが、腹筋を割りたい!!!と思って体幹トレーニングをしても割れません!!(笑)

まずは、体脂肪率を落とすことが大事です😊

よく、聞かれる質問だったので、ちょっと脱線してしまいました!!

話を戻します!

このお腹周りの体幹は、インナーユニットと呼ばれる4つの筋肉から形成されています!!

腹横筋
内腹斜筋のさらに奥にあり、お腹の一番奥にある筋肉

横隔膜
胸とお腹の間にあり、呼吸に関わる筋肉

多裂筋
背骨に沿って走る、腰から首まで伸びている筋肉

骨盤底筋
お腹の臓器を支える筋肉、靭帯

これがインナーユニットです!!名前は覚えなくてもいいです!!

イメージとしては、肋骨から腰骨までの胴体をイメージしてみて下さい。

今日のポイントはこれです!!

体幹の安定とは、お腹から背中にかけての胴体を安定させるということです!!

気付いた方もいるかもしれませんが、体幹とはお腹ではありません!!

お腹だけ意識しよう!!ではなく、この胴体の安定が体幹の安定なんです!

体幹トレーニングをやってみよう!!

具体的にどうやって体幹を鍛えればいいのか!

体幹トレーニングをやってみましょう😊

今回紹介するのは、よくある基本の体幹トレーニング『プランク』です。

お腹を意識していた方多いと思いますが、

お腹だけではないですよ!胴体を意識してみましょう!!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP