スクールブログ

『モリコロパークで自然を吸収!』バドミントンと一緒に観光はいかが?

こんにちは~!

KOKACAREバドミントンスクールのかくコーチです!

今回はKOKACAREバドミントンスクールのレッスン生さんにも人気の体育館、モリコロパーク(愛・地球博記念公園)のご紹介をしたいと思います!

東海地区の方なら特に思い出深いのではないでしょうか!2005年の愛・地球博

私の思い出としては高校1年生にして初めて気になる女の子をデートに誘ったのが愛・地球博でした。

緊張と興奮の万博の内容は全く覚えていませんが

帰り道で見事に粉砕!・玉砕!した記憶だけは覚えています。。。

愛はありませんでした。。。

なんてことはどうでもよくて。(自分の勇気だけは讃えたい)

モリコロパークは自然豊かでお散歩にはうってつけの公園です!

例えばお子さんがバドミントンをしている間にお父さん・お母さんが緑の中をウォーキングすれば、

・ストレス激減&頭がよくなる
うつ病発症リスクを抑える効果、高血圧の症状改善効果

が得られます。(もちろん家族でバドも最高!!)

これは自然×ウォーキングの効果ですね。

とにかく難しいことは考えず、自然豊かで楽しいモリコロパークの見どころをご紹介します!

モリコロパークについて

モリコロパークは愛称で正式名称が愛・地球博記念公園です。

東山線で藤が丘駅まで行き、リニモに乗り換えて行けるので多少の煩雑さはあるけれど行きやすい体育館だと思います。

車で来た場合は名古屋方面に向かうとIKEAイオンモール長久手など人気のショッピングモールがありますので、立ち寄るのも良いかもしれません。

もちろんリニモを利用の方もショッピングモールはおすすめです!

愛・地球博記念公園には様々な施設があります。

・愛・地球博記念館(入場無料)
・大観覧車
・アイススケート場
・サツキとメイの家(2020年7月26日現在休業中)
・愛知県児童総合センター

魅力的なスポットは沢山あります!

(出典:愛・地球博記念公園HPより)

広大な公園は愛知県でも最大級。

園内バスも運行しており遠くまで行くことも可能ですが、せっかくですので自然の中を散歩してみませんか?

体育館の周りの美味ランチ

体育館はリニモの駅から降りて目の前の地球市民交流センターという所にあります。

私は前回のレッスンの時に地球市民交流センターの中にあるお洒落カフェ「冬青珈琲店(ソヨゴコーヒー店)」でランチをしてみましたのでそちらをご紹介します。

その時は地元農家のイセヒカリのおにぎりと、ソヨゴ特性豚汁を頂きましたが両方とてもうまかったです!

稀少なおコメは素材の味を楽しめますし、付け合わせのお漬物も爽やかな甘酸っぱさでお米との相性抜群でした。

そして豚汁はコーヒーのカップに入れて頂いたは初めてでびっくりしましたが、中からゴロっと角煮が出てきたのにはもっと嬉しいびっくりでした。

お店の一番のおすすめは店名にもあるようにやっぱりコーヒーだそうです!

他にもスパイスの効いた季節のカレーや、蜂蜜ソフトクリームも人気だそうで、次のレッスンの時には再来したくなってしまいました♪

公園内には他にもランチができて、モスバーガーのキッチンカーや名古屋人ならみんな大好きスガキヤラーメンなどもありますので散策してみると楽しいですよ~!

自然豊かな公園を散歩してみよう

モリコロパークは緑豊かで歩いているだけで楽しい気分にさせてくれます!

ということで練習の前に、体育館からスタートして軽くジョギングしてみました!

体育館からスタートして最初にあったのは愛・地球博記念館

とても荘厳で、元々は迎賓館として使われたそうです。

入場料めっちゃ高そうやな・・・」と思って通り過ぎましたが、後で調べたら無料だということでしたので次の機会に行ってみようと思います。(現金だな~)

愛・地球博や公園の歴史を振り返ることができる記念館となっているそうです。

そのまま道なりに周回コースを回ると「花の広場」という場所でモリゾー・キッコロがお出迎えしてくれていました。

いや~いいね!懐かしい気持ちにさせてくれます!

もう少しくだっていくと西駐車場のエントランスに出ていくのですが、「こいの池」とその向こうにそびえる「スケートリンク場」は周囲の自然と相まってとても美しく映えていました。

スケートリンク場はモリコロパークでも屈指の人気スポットで、レッスンの後にご家族でスケートして帰るという方もいらっしゃいました!

(出典:愛・地球博記念公園HP)

私はスケートリンク場の横の道を通って体育館のほうにぐるっと戻りましたが、広大な公園をもっとおおきく回ると1時間では帰ってこられなくなるほどだと思います。笑

・・・

いかがだったでしょうか。

体育館を中心に徒歩で行ける範囲をご紹介しましたが、小さい子供がいれば児童総合センターはとても楽しいですし、今は休業されていますがサツキとメイの家はジブリパークとして再開する事を考えると更に魅力満載になっていくスポットだと思います。

今回は、モリコロパークにおける楽しみ方をランチと散歩という視点でご紹介しました。

まだまだ伝えきれていない魅力がた~くさんありますので、コメントや直接教えていただけると私もとても嬉しいです。

また、モリコロパークでお会いしましょう。

それでは皆さん、今日も良い一日を!

暑いし身動きとりづらいですが、夏を楽しみましょう!

【参考文献】

最高の体調 (CROSSMEDIA PUBLISHING出版・著者:鈴木祐)

【参考サイト】
愛・地球博記念公園(https://www.aichi-koen.com/moricoro/

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP