スクールブログ

上級レベルにあがるために相手を欺くプレーを覚えよう|バドミントン練習方法

こんにちは😊

りえコーチです。

基本的なショットは覚えた!一通り打てるし守れるようになった、でも自分が初級から「中級」「上級」に上がるためには「何かが足りない・・・💦」

そんなこと思っていませんか?

ここからスキルアップするためには、「ショットの多さ」「ひと捻りできる技術」が上にいけるかの分かれ道になります。

今回はワンランク上に行くために、意識するべきポイントについてご紹介します!!

素直すぎるバドミントンを改善する

自分では気づかないかもしれませんが、ドロップ打ちますよー、スマッシュ打ちますよー、ヘアピン打ちますよー、と相手に教えているような打ち方してませんか?

✔️フォームは綺麗なのに目線が打ちたい方向を向いている
✔️例えば、フォア奥にきた球に対してのショットはいつも同じところに返球してしまう
✔️相手に「先読み」されることが多いように感じる

上記に当てはまる!!

そんな方は、あなたのバドミントンプレーは素直すぎるのかもしれませんね!

面の使い方を変えてコースに変化をつけてみたり、「クリアー打つ!クリアー打つ!クリアー打つ!」とインパクトの直前まで頭に浮かべて「やっぱドロップ!😁」

と考えを変えてみたり、少し工夫をするだけで変化させることは可能です。

バドミントンのフェイントを使ってみよう!

【あるショットを打とうとして、打つ瞬間に違うショットに変える】が最初に取り組みやすいフェイントでしょう!!

クリアーを打とうとしてドロップを打つ!

ネットを打とうとしてロブを打つ!

ストレートに打とうとしてクロスに打つ!

と言ったフェイントです。

これは同じフォームから繰り出されなくては意味がありません。

「ネット打ちますよー!」と見せておいて、大きく腕を引いてからロブを打つのであれば相手は引っかかりません。

「ネット打ちますよー!」とネットのフォームをしているのに、少しラケットを引いたと思ったらロブに変わった!👀✨

といった、小さな変化でなければフェイントとして有効ではありません。

タイミングを掴むまで時間がかかりますが、一度体に染み込ませてしまえば自分に余裕があるときは常に使うことができるようになってきます😊

練習方法

①ダブルスのサービスライン辺りに立ち、シャトルをあげてもらいましょう!
②ネット前、スマッシュ、クロス、ストレート、それぞれハーフと6つを順番に打つ練習をします👍

オーバーヘッドストロークの場合飛んでくるシャトルに時間があり余裕がうまれやすいためフェイントをかけやすくなります!

オーバーヘッドストロークでのタイミングを掴むことができれば、ネット前やレシーブなど下からのショットの練習に移行しましょう🙌

フェイント?ディセプション?バドミントン用語

バドミントンでは相手をだますプレーのことを、「フェイント」や「フェイク」「トリックプレー」「ディセプション」などと呼んでいます。

特に多いのがフェイントかディセプションだと思いますが、折角の機会なので、それぞれの定義を見ていきましょう💡

・deception:欺(あざむ)くこと、惑わし、欺瞞(ぎまん)、詐欺(さぎ)手段、ごまかし、ぺてん
・feintスポーツで、相手惑わす見せかけの動作のこと。牽制(けんせい)動作

大枠は同じであり、バドミントンではどちらを使用しなければならない等明確な定義はありません。でも「ディセプション」という言葉を使ったほうが、ちょっとかっこよくみえたりしますよ!

まとめ

欺くプレーの例を何個か出してみます😊

これだったら私も磨けるかも!というプレーを見つけて練習し、自分の決め球にしてみましょう。一つでも自信を持って「これが決め球」と言えるショットを持っておくことは自分の自信にもつながります💪

・ストレートに見せかけたクロスのヘアピン
・カットを打つ体制からタイミングを遅らせて打つドリブンクリアー
・スマッシュをサイドラインに打つように見せかけてボディに打つ
・高い位置でヘアピンを取る入りをしながらわざと下に落として打つ
・スマッシュを打つように見せてカットスマッシュで前に落とす
・ジャンピングスマッシュを打つように見せてドロップ
・ストレートのロブを打つように見せかけてクロスのヘアピン
・カウンターを狙っているように見せかけてストレートハーフに落とす
・ストレートにスマッシュを打つように見せかけてクロススマッシュ
・ショートサーブを打つように見せかけてロングサーブ
・ドライブを打つように見せかけてロブで後ろにあげる
・プッシュを打つように見せかけてヘアピンを打つ

いろいろ出してみましたが、どんな組み合わせでも相手を欺くプレーに繋がります。

常に相手の裏をかくことを考えていれば、バドミントンは強くなります🔥

裏をかく、あざむく、ことが大切だと思うと、バドミントンはちょっと意地悪いスポーツに見えてきますね😁

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP