スクールブログ

最速で上達する方法!?『マネぶ』で活用バドミントンYouTube!

こんにちは~!

KOKACAREバドミントンスクールのかくコーチです!

今回は、「ちょっと最近伸び悩んでるな。。。」と感じている皆さんに最速で上達できる方法をお教えしたいと思います!

(自分で言うのもなんですが怪しすぎますね。笑)

始めに答えを言いますと、

それは『マネぶ』です!

(マンガ好きな親をマネぶ子達)

ご存じですか?

『マネぶ』とは「学ぶ」の語源と同じ意味で、技術や知識を習得することはマネをすることが一番の早道だと考えられているのです。

そこで皆さんが上達するためにYouTubeを活用したマネぶ方法についてご説明していきます!!

おすすめのYouTubeチャンネルもご紹介しますのでぜひ最後まで読んでくださいね。

好きな選手をターゲット!

まずは最初に、自分より上手な先輩、コーチ、世界ランカー誰でもいいので自分のお手本とする選手を探してみてください。

私は自分の目指すプレーと近い人から探して、高校では1学年先輩のキャプテンをマネしていました。

身近なプレーヤーだと直接聞くこともできますのでとても有効です!

大学生の時にはYouTubeを見てシングルスでは全日本総合2回優勝の佐々木翔選手(現在は引退)を、ダブルスでは現役世界ランク4位の園田啓悟選手のプレースタイルをそれぞれ参考にしていました。

(出典:BadmintonWorld.tv)

世界で活躍する日本人選手というのは、とても洗練されたフォームで参考にするのにうってつけだと思います。

海外選手のプレーはエキサイティングでとても面白いのですが、到底マネできるレベルを超えていますので良い子は気をつけてくださいね。笑

憧れの桃田選手や奥原選手なども、好きな気持ちを大事にしてマネするのもとても良いと思います。

『マネぶ』の実践

YouTubeの良いところは、簡単に何度でも見返せる事です!

好きな選手の試合動画をただ見続けるよりも、気になる箇所の動きを、止めながら何度も繰り返し見るととても効果的だと思います。

出典:BadmintonWorld.tv

・スロー再生したり
・フットワークだけ着目したり
・打つ瞬間を止めてみたり … etc

色々な使い方ができると思います。

さあ理想の動きを頭にインプットしたら、ラケットを取り出してあなたも理想の選手になりきってアウトプットしてみましょう!

最初は、相手は必要ありません

外に出て、フットワークや素振りでイメージトレーニングしてみてください。

1ラリーをイメージしながらトレースしても良いと思います。

ゆっくり確認しながら自分の体に覚えさせ、次の練習の時に実際の相手に対してトライしてみてください!

おすすめYouTubeチャンネル

最後におすすめのYouTubeチャンネルをご紹介したいと思います。

と、ここまで偉そうに説明してきていますが、実はKOKACAREバドミントンのレッスン生さんは既に『マネぶ』を実践できているんです!

そう!「あなフィジ(あなただけのフィジカルトレーナー)」でYukoコーチの動きをマネすることはバドミントンの正しい動きの習得をしているのです!

あなフィジについてはこちら

…ということでおすすめチャンネルの一つ目は

1.「Yukoのバドミントンからだ塾」

(バドダンス)

初心者~上級者までどのレベルの選手にもおすすめできます!

家でもトレーニングを実践してYukoコーチの動きに合わせてみてくださいね。

2「バドミントンマガジン」

【シングルスの守備(レシーブ)】

バドラーのための専門誌バドミントンマガジンから、練習方法の動画が見られます。

日本トップ選手の基本的な動きを見られるのはとても参考になります!

ただ、ちょっとお手本過ぎてボーッと見てると眠くなるのでご注意ください。笑

3.「TAGOKENチャンネル」

(ドロップの極意)

元日本チャンピオンの田児賢一さんがコーチとして皆さんの悩みを解消してくれるチャンネルです!

おちゃめでとても面白いですし、内容も目からウロコの技術や考え方を教えてくれます。

初級プラス以上の方くらいから参考にできると思います!

いかがでしょうか!

あなたの悩みを解決する「マネぶ」

今は何でもYouTubeで見られる良い時代になりました。(しかもタダで!)

日頃の練習の中でも上手な人を観察して、どんどんマネしてくださいね。

最初は難しいかもしれませんが、マネしたことが身についてこればあなた自身のスキルになっていきますよ!

それでは良い1日を!

【参考サイト(YouTube)】

『Yukoのバドミントンからだ塾』:https://youtu.be/6N9_9VCFu90
『バドミントンマガジン』:https://youtu.be/OHFClPs7OoU
『TAGO KEN』:https://youtu.be/zafpL3XTl3U
『BadmintonWorld.tv』:https://youtu.be/cFW-I7T_ATY

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP