スクールブログ

『永田姉妹とエンタメTIME + 旦那 』スパフェスの出店紹介します!①

こんにちは!竹内です。

12月27日にバドミントンのお祭りをやります❗️

Sparring Festival(スパフェスとみんな呼んでね❗️)に出てくださる出店のご紹介特集第一弾です!トップバッターは、あの有名な方々です。

誰がやるの?

北都銀行で活躍されていた永田麗選手!日本ランキングサーキットで3位という輝かしい実績を残されているという素晴らしい選手。そんな方とスパーリングできるだけでなんだかワクワクしちゃいますね。

米田優樹さんは、実力もさることながら『バドミントンを通して豊かな家族の姿を作っていきたい!』と思われているステキな方です。米田奈智加さんとご夫婦でMIXで全国社会人クラブ3位にもなっています。アスリート夫婦です❗️

そして奈智加さんと永田麗さんは姉妹で、お二人とも驚くほど強い…。なんと愛知県クラブチャンピオンです。プロフェッショナルシスターズです❗️

スパフェスに参加してほしいなと思い、お三方にお会いしたとき、バドミントンの強さ以上に夫婦・家族としての素晴らしさを感じ、皆さんの優しい人柄に触れ、とても温かい気持ちになったのを覚えています!

スパフェスには、スポーツ・バドミントンの元々の魅力を再発見するというコンセプトもあり、バドミントンの普及浸透や、Enjoy Badminton、スポーツにまだまだ残る体罰をなくす『No More 体罰』といった意義があります。

そんなスパフェスにぴったりな3人です!

バドミントンはもちろんですが、こんなステキな米田さん、麗さん、奈智加さんにぜひ会って、温かい雰囲気を感じてほしいなって感じています☀️

どんな出店なの?

スパフェスのお店は、そのお店を出される方に内容を99%考えていただいています!ポイントはチケット制であることだけ。皆さんにお祭りのように何度でも楽しんでいただけるよう、そしてどのお店が人気なのかが後で集計できる(実は一番人気のお店は…表彰します❗️)ようにするためです。

され、どんな内容を考えたのでしょうか???紹介していきます!

名前はズバリ…

『永田姉妹とエンタメTIME + 旦那』

エンタメTIMEってステキですよね。楽しさを届けたい!って想いがすごく伝わってきます。そして、『+ 旦那』の部分が、なんだか米田さんの優しさが溢れているようでとても面白いです(笑)。

どんな風に遊べるの?

来てくださった方のご要望に合わせて、 一緒に楽しくバドミントンをプレーしたいと思っています(´∀`*)
コートには、男性1人女性2人がいるので、実力も性別も問わず全ての方が楽しめるような体制です☆
メニューは以下の中からご自由に選んでいただいてOK(^^)!!

①バドミントンエンジョイコース
⭐️○分間、好きな種目でバドミントン対決🏸
終わった後は、アドバイスもします!

②景品ゲット!?筒倒しコース(抽選)
【サブ】
⭐️3点勝負で好きな種目でバドミントン対決🏸
勝ったら、筒倒しをする際の持ち球にプラス3球

【メイン】
⭐️筒倒しを行う(持ち球は最小5球、最大8球)🏸
筒5本を用意し、スマッシュを打ち込む!

②のコースを選択してくれた人は、1枚は確定で抽選ボックスに入れる紙をもらえる。筒を倒した分、抽選ボックスに入れる紙がもらえるため、当選確率がUP❗️スパフェス終了後、スパフェス運営スタッフが抽選ボックスから名前の書いた紙を取り、後日その方にプレゼント🎁
SNSで抽選者は、発表します!
(フルネームが嫌な方は、ニックネームでもOK)

え?これめちゃくちゃ楽しそう❗️というか自分が受けたいです(笑)。具体的にどれくらいの時間をチケット1枚で受けられるのかは、当日コート(お店)で確認してみてね!

参加者のみなさまに向けたメッセージ 

家族3人で皆さんのバドミントンが、もっと楽しくなるようなコーチング/対決/その他企画をさせていただきます(^^)

バドミントンをしているからこそ出逢えたこの機会を大切に、今年最後のお祭りを一緒にEnjoyしましょう(^○^)!!

多くの方と一緒にバドミントンを楽しめるような企画ばかりですので、是非是非お越しくださいませ^ ^

お会いできることを楽しみにしています☆

米田さん、麗さん、奈智加さんの優しい人柄がすでにあふれているメッセージ❗️みなさんぜひ遊びにきてくださいね!

新型コロナウイルスの対策について

新型コロナウイルス感染対策は徹底して行います。
日本政府が指定しているイベント開催のガイドラインを遵守し、その基準よりも定員を制限する予定です。そのため、当日に『連絡なし』での参加は不可、事前予約制で定員に到達し次第募集は終了とします。感染拡大を防止するための処置ですので、ご理解のほどよろしくお願いします。

(公式LINEに飛びます)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP