スクールブログ

Shuttle Place 『つながる。』スパフェスの出店紹介します!⑩

わっしょーい‼️

KOKACAREバドミントンスクールのお祭り男こと、きよコーチです🏮✨

皆さんご存知の通り!12月27日にバドミントンのお祭りをやります!!

ブログでは、Sparring Festival(スパフェスとみんな呼んでね)に出てくださるたくさんの出店を紹介してきましたが、勿論KOKACAREバドミントンスクールからも出店を出します😊

第十弾は、KOKACAREバドミントンスクールの出店を紹介します!

誰がやるの?

はい!私達KOKACAREバドミントンスクールから出店をだします✨

当日は私(きよコーチ)は勿論のこと、KOKACAREバドミントンスクールのコーチがコートにいるので、ぜひ会いに来てくださいね😍

KOKACAREバドミントンスクールは愛知県に展開するバドミントンスクールで、

バドミントンを通して、Well-beingな暮らしをつくる

というビジョンをもとに活動しています!!

ちなみに、私がKOKACAREバドミントンスクールと出会ったのは、第1回スパーリング大会なんです✨

そこから、理念に共感して、コーチになって、今回出店を担当させていただくのは、とっても感慨深いです!!

スパフェスでは、スポーツ・バドミントンの元々の魅力を再発見するというコンセプトのもと、バドミントンの普及浸透や、Enjoy Badminton、スポーツにまだまだ残る体罰をなくす『No More 体罰』をスタッフ一同で実現していきたいと思っています😊

では、出店紹介にいきましょー!!

どんな出店なの?

スパフェスのお店は、皆さんにお祭りのように何度でも楽しんでいただけるよう、各出店それぞれが、練りに練って企画しています✨

そしてどのお店が人気なのかが後で集計できるようにもなっているんです!!(実は一番人気のお店は…表彰します)

名前はズバリ…

Shuttle Place『つながる。』

shuttleがあるところで挑戦する。
shuttleがあるとことで感動する。
shuttleがあるところで思い出を作る。

その場所(place)に人が集まり、輪ができる。

今日、あなたは誰かと『つながる。』

レベルや年代、性別関係なく、バドミントンを楽しめる!

バドミントンを身近に感じてほしい😊そんな出店になっています。

どんな風に遊べるの?

一面のコートを縦半分ずつに分けて2つのミニゲームを展開します❗️

どちらのゲームもポイント制です!!要するにたくさんポイントを取った人が一番!!ってことになります✌

(ランキングボードにて3位までの方の名前を表示しています。3位以内の入賞者には豪華景品があるかも?!)

カラフルな風船のコートが目印です!!🎈

《遊び方》
①難易度を選択!!「イージー」or「ハード」モード
②スタート位置へ
③60秒間チャレンジ🔥
④ランキング上位を目指せ!!

ミニゲーム①「Shuttle Striker-シャトルストライカー-」

カゴや筒、マグカップめがけてシャトルを打とう!!

ミニゲーム②「Shuttle Sniper-シャトルスナイパー」

シャトルの筒を狙って、スマッシュを打ちまくろう!!!

参加者のみなさまに向けたメッセージ 

私たちの出店ではスクールコンセプトでもある「For Your Badminton」あなたのためのバドミントンを意識したミニゲームを企画しました。

どの年代の方でも、どのレベルの方でも周りで観てるだけでも楽しめちゃう…!!チャレンジできる2つのミニゲームをプレイすると子供の頃にタイムスリップするかもしれませんね笑

そして、参加者の中にはバドミントン初めてで、困っている方もいるかもしれません!

もしかしたらなかなかコートに入れないかも。「一緒に観に行こう!やろう!」と声をかけてあげてくれたら嬉しいなあ⭐️

できた!打てた!当たった!「すごいね!ナイス!」と声をかけてくれたら…、すごくハッピー❗️

褒められたら嬉しいよね😆周りを褒めることができるあなたは選手としても人としても超最高!!!!!

当日皆さんに会えるのをKOKACAREバドミントンスクールスタッフ一同楽しみにしています。

新型コロナウイルスの対策について

新型コロナウイルス感染対策は徹底して行います。
日本政府が指定しているイベント開催のガイドラインを遵守し、その基準よりも定員を制限する予定です。そのため、当日に『連絡なし』での参加は不可、事前予約制で定員に到達し次第募集は終了とします。感染拡大を防止するための処置ですので、ご理解のほどよろしくお願いします。

(公式LINEに飛びます)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP