スクールブログ

スマッシュプッシュで優位に立つ前後フットワークスピードアップのコツ

こんにちは😊バドミントントレーナーのYukoです。

今日はこんなお悩みを持っている方に向けたお話しです!

『フットワークを早くする方法を知りたい!!』

『ネット前に詰めるのが遅くて悩んでいる』

フットワークの中でも前後フットワークスピードを上げるコツをお話ししていきたいと思います。

前後フットワークというと、色々な場面で使われますね。

シングルスではスマッシュ&ネットやスマッシュ&プッシュの場面が想像できますね。

勿論前後フットワークのスピードを上げるだけで、試合に勝てる!というわけではありませんよね💦

シャドーでフットワークしたものを、実際にシャトルを打ちながら行う、そして試合の中で当たり前に使えるようになる。

また、スマッシュを打った後、プッシュが打てるという状況を作るよということだって必要です。

そして、プッシュが打てる球しか返ってこないだろう??という読みだって大切ですよね。

ただ、その基礎であるフットワークスピードが低いことで、せっかく良いスマッシュ打って、前に詰めれそうなのに、詰めれない。

そうならないためにも、やっぱり土台を上げると意味でフットワークスピードを上げるということも、大切なことだと思うので、

是非参考にしていただければと思います。

論文紹介

今回はこちらの升佑二郎先生の論文をもとに、お話していきますね。

バドミントン競技における前後フットワーク動作の分析

この論文では、関東大学1部リーグと3部リーグの選手に前後フットークをしてもらい、その動作をビデオで撮影して分析するというものでした。

その結果、1部リーグの選手と3部リーグの選手の前後フットワークスピードは、1部リーグの選手のほうが早かったそうです。

ただ、前に移動する時、後ろに移動する時、どちらかだけでスピードが速かった!!!

という結果だったんです👀

両方ではなく、どちらか一方なんて驚きですよね!!

皆さんどちらだと思いますか??

正解は・・・・!!!

前に移動する時のスピードです✨

後ろに移動する時のスピードやラケットを振る動作などでの差は、あまり見られなかったということです!!

前に出る時のスピードを速くするコツ

では、前後フットワークで、前に移動するスピードを速くするためにはどうしたらいいでしょうか?

ポイントは

『ステップの数』

これです!!

この論文では、1部の選手と、3部の選手で前に移動する時の違いはステップの数だったそうです!!

前に移動する際に、よりステップの数が少なかった選手がスピードも早くなっていた!という結果だったそうです。

この論文では、ステップの数というのが、歩数のことか、細かいステップのことかという記載はありませんでした。

前に移動する速さを速くするという意味では、歩数、細かいステップの数共に関係しているのではと思います。

前に詰めるということがわかっている時、無駄に沢山ステップを踏んでいないか??

前に出る時、歩数が多くなっていないか??

1つフットワークスピードをあげるポイントとして、意識してみるといいかもしれません😊

トップ選手のステップの数はどうなっているか??

じゃあ、実際にトップ選手ってどれくらいのステップの数、歩数でフットワークしているの!?

と気になったので、スマッシュネットの時の歩数で 調べてみました。

試合の中なので、自分が打ったショットや、相手の返球やポディションによって、ステップや歩数は変えていると思います。

なので参考程度に聞いてください!

今回は桃田選手と奥原選手を調べてみました。

桃田選手はストレートに移動する時は3~4歩、ステップは1つくらい

クロスに移動する時は、4~5歩、ステップは1つくらい

奥原選手はステップを2つくらい入れ、距離を調整しながら、ストレート、クロス共に4歩でした。

最初にも伝えたように、今回の話は、ただ歩数を少なくする!

ただステップを少なくする!

それだけが大事だよ!と言っているわけではありません。

自分のスマッシュのコースや、相手の返球によっては、細かいステップを入れて、カバーする力も大切です。

基礎であるフットワークスピードが低いことで、せっかく良いスマッシュ打って、前に詰めれそうなのに、詰めれない。

これも、トップ選手との差になりますよね!!

自分で前後フットワークをやる時、歩数はどうなっているか?

無駄なステップを入れすぎていないか?

試合をイメージして、やってみて下さいね✨

コロナウイルスの影響で、中々体育館での練習はできませんが、フットワークは外でもできます!

この機会にフットワークで差をつけましょう!!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP