バドブログ

『どっちの臀筋が弱い!?』バドミントンでのお尻の筋肉の役割とプレーへの影響

こんにちは😊バドミントントレーナーのYukoです!

皆さんからいただく質問でこんな質問があります!

『バドミントンの競技力UPのために、どこの筋肉を鍛えたほうがいいですか??』

これです!

どこの筋肉というととっても難しいです😅

何故なら、バドミントンでは、全身の筋力を使うし、体幹部の安定も使うし、、と使う筋肉がとても多いからです。

『ここだけ鍛えればいいよ!』というのはありません。

ただ、KOKACAREバドミントンスクールで色々なレッスン生さんを見ていて

『ここ弱い方多いなー!』

と思う部分の1つにお尻の筋肉があります💪

なので、今日はお尻の筋肉がなぜバドミントンに大事か??

そんなお話をしていきます!

改めて言いますが『お尻だけ強化すればいいよー!!』

と言っているのではないので、ご注意下さいね!!

お尻の筋肉の役割

お尻の筋肉は『臀筋』と言って、主に大臀筋・中臀筋・小臀筋のから構成されています。

これに大腿筋膜張筋を加えた、4つの筋肉を表したものです。

臀筋の働きは、股関節を『動かす事』そして身体を『安定させる』こと

大きく分けるとこの2つです。

大臀筋というお尻の後ろのあたりについている筋肉は

股関節から足を前後に動かしたり、その時に上体が安定するように固定してくれます。

中臀筋といって、お尻の横についている筋肉は

股関節から足を左右に動かしたり、左右に身体がぶれないように固定してくれる働きをします。

股関節を前後左右に動かす、そして、その状態で身体を安定させる!

バドミントンの動作あるあるですよね!!

お尻の左右差とプレーへの影響

では、具体的にはどのようにプレーに影響を与えるのか?

一言にお尻といっても、バドミントンでは左右違う働きをします。

今回は、お尻の筋肉が弱いと、バドミントンのプレーに影響こうやって影響するよ!という観点でお話します!

『当てはまるわー!!』という方は、お尻トレーニング頑張ってみて下さい✨

今からのお話は右利きの人向けなので、左利きの方はご了承くださいね😊

右の臀筋が弱い方の特徴

①ネット前やランジ姿勢で不安定になりやすい

ネット前でお尻が大事だよー!というお話はこちらの動画でもしていますので、ご覧くださいね。

右の臀筋が弱いと、ネット前で、体勢を安定させつことができません。

②ランジ動作で膝を痛めやすい

臀筋が弱いことで、ランジ動作をする時に膝に負荷がかかってしまいます。

詳しくはこちらの動画も参考にしてください。

③ネット前で捻挫しやすい

ネット前での捻挫は、足首の向きが内側を向いてしまっている時に起こりやすいです。

足首と膝の方向を一緒にするには、お尻の筋力が必要になります。

左の臀筋が弱い方の特徴

①オーバーヘッドストロークを打った後、身体が後ろに残る

オーバーヘッドストロークを打った後は、左足に体重をのせて、右足を前に出しますよね。

左の臀筋の固定力が弱いと、身体が後ろに残ったままになってしまいます。

②ラウンド跳びつきで体勢が崩れる

ラウンドに跳びつく際は、左足を軸にして打つショットになります。

ここで体幹を安定させるには、左の臀筋の力が必須になります。

③左足を出すレシーブの精度が下がる

左足を出す場面もバドミントンでは多いです。

特にレシーブや、身体周りのショットを打つ時ですね。

左の臀筋はこの場面でも、ランジ動作と同じように使われます。

今回は、お尻の筋肉の役割、そして、それがバドミントンのプレーに与える影響についてお話しました。

それぞれの項目については、さらっとした説明だけなので、1つ1つを丁寧に説明した動画は、また別の動画でアップしていきますね。

お尻の役割を知ると、トレーニングを行う時も

『こんな時に使われているよな!!』

って意識して、モチベーション高くできると思います。

ぜひ、やってみて下さいね!!

KOKACAREバドミントンスクールフィジカルトレーナー。中学校からバドミントンをはじめ、慶應義塾大学体育会バドミントン部でレギュラー選手になる。大手フィットネスクラブでトレーナー・マネージャーとして活躍後、パーソナルトレーニングスタジオKOKACARE立ち上げ。年間の施術人数は述べ2,000人を超える。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP