バドブログ

シニア・レディースの方必見!肩甲骨の上方回旋を覚えて、角度のあるスマッシュを打つコツ!(バドミントン)

こんにちは😊

バドミントントレーナーのYukoです。

今日は『角度のあるスマッシュを打つコツ』これについてお話していきます!

レディースの方や、シニアの方からこんな相談を受けることがあります。

もう少しスマッシュに角度をつけたい

頑張って打点を高くしようとすると、肩痛くなっちゃうんです。

やっぱ年齢的なものってありますよね…

こんな相談です。

角度のあるスマッシュを打つポイントは、色々ありますが、まずは打点を上げる為に腕がしっかり上がっているのか?

これを、今回のポイントにしたいなと思います😊

打点を高くできない原因に、そもそも腕がしっかり上がらない!という理由があります。

腕をどのくらい上げるといいのか?というのは目的で変わってきます。

ちょっと肩に負荷はかけるけど、パワーが発揮できる位置は、胴体と肩が90度。

肩に負荷をかけない位置は、胴体と肩の角度が110度のゼロポディションでしたね。

詳しくはこちらの動画をご覧ください!

ただ、そもそもこの90度、110度までも腕が上がらない。

そんな方も結構多いと思います。

タイミングの問題なら、タイミングをつかむ練習で解決できますが、そもそも腕を上げられない!

腕が上がらないから、身体を倒して、打点を上げようとしてしまったり、

無理に腕上げようとして、肩を痛めてしまうことに繋がります。

打点を高くするために、腕をスムーズに上げるには、肩甲骨と腕のメカニズムを知っていることが大切になります。

あ、わたし腕が上げづらから、打点が高くできないんだ‥‥そんな方は是非参考にしてください。

腕が上がっているかチェック

では、試しに腕を上げてみましょう!

なんか上げづらいな…💦

肩や首が詰まる感じがするな…💦

そんな方は、肩回りの筋肉や動かし方に、何かしらの問題がある可能性が高いです!

特に、デスクワークの方や猫背な方。

こんな方は、肩や背中の筋肉が凝り固まりやすいです。

特に、シニアやレディースの方に多い印象ですね。

腕を上げる時にどの筋肉を使うのか、どうやって骨が動くのか!これを意識することは、とっても大切です✨

肩甲骨の上方回旋を覚えよう!

では、今日覚えてほしい、腕を上げやすくするためのメカニズムは

肩甲骨の上方回旋

これです!

難しいのでもう1回言いますね!

肩甲骨の上方回旋

これです!

肩甲骨の上方回旋とは、肩甲骨の動きを表すものです。

肩甲骨は腕を動かすときに、色々な方向に動いて、動きをサポートしてくれます。

前から手を上げる時は、後ろに倒れたり…

前に出すときは、外に開いたり…

肩甲骨の上方回旋は、腕を手を横から開くときに、サポートする肩甲骨の動きです!

肩甲骨が外側に回転するように動く動き方のことを、上方回旋と言います。

皆さん、肩甲骨の上方回旋を意識して腕をあげてみましょう!

さっきよりも、上げやすいなー!と思ったら、ばっちりです👍

私達の腕は、45度までは肩甲骨が動かなくても上がりますが、45度以上上げるためには、肩甲骨が動かないと、腕が上がらないメカニズムになっています。

ということは、肩甲骨がしっかり動かないと腕が上がらないということです!

角度のあるスマッシュを打つために、打点を高くしよう!

と思っても、上手く腕が上がらないな…そんな方は、肩甲骨の動きが悪く、上方回旋が使えていなかった可能性がありますね!!

肩甲骨の動きを高める筋肉

では、肩甲骨の上方回旋を行うために、カチカチになっている肩甲骨の筋肉をほぐしていきましょう!!

肩甲骨の動きを高めるためには、この3つの筋肉を重点的にほぐしてあげましょう!

菱形筋

小胸筋

広背筋

この3つです!!

菱形筋
小胸筋
広背筋

この3つは固くなると、肩甲骨の動きを悪くしてしまいやすい筋肉になります。

ストレッチやマッサージなど、ほぐす方法はいろいろありますが、オススメはストレッチローラーでほぐすことです😊

痛いですが、終わった後、腕がとっても上げやすくなって、角度のあるスマッシュが打ちやすくなっているはずです!!

こちらの動画で、菱形筋、小胸筋、広背筋のストレッチローラーでのほぐし方を紹介していますので、ぜひやってみて下さい✨

ちなみに、デスクワークの方やスマホやパソコンをよく使うわー!

という方は、この肩甲骨周りの筋肉が固くなりやすいです。

バドミントンで使いやすくするためにも、日々ケアをしっかりしてあげましょう!

まとめ

今日は『角度のあるスマッシュを打ちたい』という方に向けて、打点を高くするために、腕をスムーズに上げるポイントをお伝えしました。

腕を上げる、肩甲骨と腕のメカニズムを

『肩甲骨の上方回旋』

こう言いましたね!

肩甲骨の上方回旋とは、 肩甲骨が外側に回転するように動く動き方のことでした。

皆さんも、これで腕が上げやすくなったはずです!

そして、上方回旋をするためには肩甲骨周りの筋肉をほぐす必要がありました。

ポイントとなる筋肉は、菱形筋、小胸筋、広背筋

この3つでした!

ストレッチローラーでゴロゴロしてあげてください😊

もう皆さんばっちりですね!

角度のあるスマッシュを打つためにも、腕をスムーズに上げる!この身体の基礎の部分、見直してみて下さいね👍

KOKACAREバドミントンスクールフィジカルトレーナー。中学校からバドミントンをはじめ、慶應義塾大学体育会バドミントン部でレギュラー選手になる。大手フィットネスクラブでトレーナー・マネージャーとして活躍後、パーソナルトレーニングスタジオKOKACARE立ち上げ。年間の施術人数は述べ2,000人を超える。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP