スクールブログ

母指球を使って変わる!?フットワークの戻りが速くなるコツ!(バドミントン)

こんにちは!

トレーナー兼コーチのYukoです😊

今日はシングルス選手に向けて、フットワークの戻りが速くなるコツをご紹介していきます。

打った後の戻りが遅い!とよく言われる💦

打った後、体勢が崩れてしまうことが多い(T ^ T)

こんなお悩みを持った選手必見です!

シングルスの肝とも言えるフットワーク!

皆さんはどうやって練習していますか??

『シャドーで1つ1つの動作を確認しながらやっている!』

『スピードを意識して練習している!』

『ノックで実践に近づけながら練習している!』

色々な方法があると思います。

今日は、トレーナー目線で足の裏の使い方に注目して、フットワークの戻りが速くなるコツをお伝えしていきます😊

フットワークで戻りを速くするとは!?

そもそも、フットワークの戻りが速いってどういうことでしょう!?

ホームポジションに急いで戻るというイメージでしょうか!?

色々な考え方がありますが、まず『打った後に動きやすい体勢を作る❗️』ここに着目したいと思います!

打った後、もし身体が崩れてしまっていたら、そこから速く戻るのはすっごく大変です。

じゃあどうするか!?

打った後、動きやすいように体勢を整える❗️

これが大事ですよね👍

動きやすい姿勢が作れていれば、それだけで次の動きが速くなります。

では、どうやって動きやすい体勢を作るか!!

ここで足の裏の使い方が、とっても関係してくるんです!!

足のどこにマメができてる??

足の裏の使い方をお伝えする前に、まず現状分析してみましょう!!

皆さん、自分の足の裏見てみてください👀

どの部分が硬くなっていたり、マメができていますか??

かかとの方!

指にできている方!

親指の付け根!

小指の付け根!

足の外側全体的に!

様々ではないかと思います😊

マメができるということは、地面に接地して負荷がかかっていることが大きい部分です。

つまり、皆さんがよく使っている部分!!!ですね👍

例えば、足の外側がとっても硬くなっている方は、外に体重が乗っていることが多いので、ももの外側を使いやすく、腰にも負担がかかりやすい!

指にマメができている方は、ネット前に出る時に、つま先から入ることが多いのかな??

などなど、色々と分析もできちゃうんです!

フットワークの戻りで意識するコツ

では、フットワークの戻りを早くする時に意識するポイントは・・・

『母指球』です!!

母指球とは、親指の付け根の部分ですね!

母指球を、打った後の1歩目を蹴る時に意識することで、体勢が安定し、次の動作にスムーズに移ることができます。

厳密にお話しすると、私たちが安定した状態で立つには、踵・母指球・小指球の3点に均等に体重が乗ることが大切です。

そして、そこから動くためには、踵→小指球→母指球の順に地面について動いています。

なので、この3つ全て大事です👍

ただ、最後の母指球を意識して、地面について、蹴ることで、より安定した体勢で、速く次の動作ができるようになるんです😊

これ実は、体幹の安定にも繋がるので、すぐ戻る!に繋がりやすくなります👍

練習方法は、3つのステップでやってみてね!

①歩きながら母指球を意識!!

ランジの状態で母指球を意識!!

③ゆっくりフットワークをしながら母指球を意識!!

打った後の『母指球』を意識して、フットワークの戻りをレベルアップさせましょう!!

まとめ

今日はシングルス選手に向けて、フットワークの戻りが速くなるコツを紹介しました!

フットワークをの戻りを速くするためには、『打った後に動きやすい体勢を作る❗️』

まずはこれが大事で、そのために足の裏の使い方でポイントとなる部分が

『母指球』でしたね😊

母指球を意識した、3つのポイントも紹介しました😊

ぜひ『母指球』を意識して、シングルス強くなりましょう!!👍

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP