バドブログ

小学3年生のレッスン生からの、温かい差し入れ!

KOKACAREバドミントンスクール、ヘッドコーチの竹内裕詞です。

うちのスクールには、いろんなレッスン生がいます。

東京や三重・岐阜から通ってくださる方

全日本シニア優勝を目指している方

バドミントンやってみて始めてみた社会人

50歳のレディース選手など、様々です。

その中で、小学3年生の男の子のレッスン生さんが、

先生!これあげる〜!

と差し入れをくれたんです。

いや〜、嬉しいですね!!

たまらなく、ニヤニヤしてしまいました(笑)

私はKOKACAREバドミントンスクールを通して、

バドミントンの楽しさ・素晴らしさを、もっと多くの人に伝えていきたい!広めていきたい!

と思っています。

詳しくはこちらを見てみてくださいね、かなり長いですが笑

だからこそ、毎回のレッスンを全力でやること!!

これを心がけています。

それが、伝わってくれたのかなと嬉しくなっちゃいました。

ありがとうございました!!!(^ ^)

株式会社KOKACARE代表取締役社長、KOKACAREバドミントンスクールヘッドコーチ。中学校からバドミントンを始め愛知県代表。高校では進学校の旭丘高校に通いながらバドミントンに没頭。慶應義塾大学に進学し関東学生でベスト16。教育業界・人事職を8年勤め、現在は小学生から社会人まで幅広い年代のバドミントン教育に携わる。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP