バドブログ

『主導権を奪え!』シングルスレシーブフリーからのスマッシュ練習

KOKACAREバドミントンスクール、ヘッドコーチの竹内裕詞です。本日はシングルスにおいて相手のショットをしのぎ、かつ主導権を握る練習を紹介していきます。

まずシングルスの悩みの一つに、

攻められたら、攻められっぱなしなんだよね〜…

というものがあります。おそらく、

攻守交代し、ラリーの主導権を握れない

が多いというのが悩みの本質でしょう。

これはどの対人スポーツでもそうですが、

・どこのタイミングを起点として、
・攻守交代して、
・主導権を握る。
チャンスをつかめ!

これがとても大事になってきます。

そして今回紹介するのは、

・相手の強打をレシーブするタイミングを起点として、
・上がってきたシャトルに対して速く移動してスマッシュを打ち、
・主導権を握る。

です。

相手の強打に対しても、主導権交代の姿勢を忘れないための練習ですね。

レシーブフリーからのスマッシュ練

今回紹介する練習は、『レシーブフリーからのスマッシュ』メニューです。以下の狙いを忘れずに!

【狙い!】
・相手の強打をしのぐことで、
・相手プレイヤーが若干くずれ、上がってきたシャトルを、
・すかさずスマッシュして、
☆攻撃の主導権を奪う

そう、攻撃の主導権を奪うんです!!!

これが今回の練習の『狙い』です。これを忘れて何となくやっていても、何となくの練習にしかなりませんし、特に指導者は『狙い』をはっきりさせておきましょうね。

まず流れをつかんでいきましょう。

(引用)基本が身につく バドミントン練習メニュー100

スマッシュやカットを織り交ぜたノッカーからの球出しを選手がレシーブしていきます。

ノッカーは強打を打つと見せかけてカットするなど、実践を想定した球出しをしましょう!

もちろんノックを受ける選手も漠然とレシーブするのではなく、試合をイメージする。特にオープンコートに返球するイメージで。

ロブが上がってきたら素早く反応してスマッシュ!ここで攻守交代し、主導権交代するイメージで。

さあ、全体のイメージができたところで、手順確認です。

【手順】
①ノッカーはコート中央から、スマッシュやカットを織り交ぜた球出しをしつつ、ランダムでロブを上げる。
②選手はノッカーを出す球をレシーブでしのぎながら、ロブが上がったらスマッシュを打つ

こういう流れです!

すっごーく簡単にすると、、、

フォア奥スマッシュ→ラウンドスマッシュ→バック前ロブ→外へ出る
*各ショットの移動時は必ずホームポジションに戻る

という流れ。

注意点は、こちらです。

【注意点】
・狙い、シチュエーションをノッカーも選手も必ず想定する
・うまくノックができないときはノッカーの位置をやや前にする
・それでも上手くいかない場合は手投げノックに変更する

これらに注意してやっていきましょう!

回数は、15〜20回を5セットくらいで始めましょう。

練習していないと、意識して『攻守交代』、そして『主導権を握る』ことは難しいものです。身についたら実践でも使っていきましょう!

【参考文献】

・基本が身につくバドミントン練習メニュー200(池田書店)

株式会社KOKACARE代表取締役社長、KOKACAREバドミントンスクールヘッドコーチ。中学校からバドミントンを始め愛知県代表。高校では進学校の旭丘高校に通いながらバドミントンに没頭。慶應義塾大学に進学し関東学生でベスト16。教育業界・人事職を8年勤め、現在は小学生から社会人まで幅広い年代のバドミントン教育に携わる。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP