バドブログ

『前衛が抜かれた!』そんな時の後衛の対応練習メニュー

KOKACAREバドミントンスクール、ヘッドコーチの竹内裕詞です。本日は、『前衛が抜かれた!』そんな時に後衛はどう対応するか?という練習を紹介していきます。

まず、後衛はこの気持ちを前提としましょう!

前衛は抜かれるもの!つかまえたら、ありがとう!!!

このスタンスでいることが、とても大事です。

前衛はリスクをおかして攻めます。相手がシャトルを打ってからでは間に合わないので、ある程度の予測を立て、コースを絞り、先に動きます。

もちろん時には、予測と違うコースに来て取れなかったり、相手の返球スピードやコースが良く、取れないことも当然あります。

そんなときに、

何やってるんだよ!前衛は!!!!

と思うのではなく、

よっしゃ!!フォローするぜ!!

という気持ちでいましょう。そういう気持ちでいることが、この練習のファーストステップです!

ただ、気持ちがあるだけでは、バドミントンは出来ません。

次に、具体的な練習メニューを紹介していきます。

『2:1ドライブ』が絶好の練習!

紹介するのは、『2:1ドライブ』という練習です。まず繰り返しになりますが、この練習をする『狙い』から確認です。

【狙い!】
前衛が触れられなかった打球を、
正確な打球(ドライブ)できっちりつなぐ力をつける

これが今回の練習の『狙い』です。これを忘れて何となくやっていても、何となくの練習にしかなりませんし、特に指導者は『狙い』をはっきりさせておきましょうね。

まず写真で雰囲気をつかんでいきましょう

(引用)基本が身につく バドミントン練習メニュー200

Aは前衛にパートナーがいると仮定して、コースやスピードを考えます

写真のように、打つときは必ず足を踏み込み、打球後は素早くレシーブの構えを取りましょう!ダブルスでは、『打ってすぐ構える』というのが大事です。

BとCはコースに打ち分けて、Aを左右に動かしていきましょう!

Aは前衛がシャトルをとらえられなかったことを想定して、B・Cに返球をしていきます。もちろんロブではなく、ドライブで。

つなぎの球ですが、攻める気持ちを忘れずに、かつ正確にいきましょう!これは非常に難易度の高い練習なので、最初はうまく出来なくて当然です。

改めて、手順確認です。

【手順】
①Aはホームポジションよりやや後方に立ち、ドライブを打つ
②BとCはAを左右に動かすように、コースを狙ってドライブを打ち返す

こういう流れですね!

注意点は、こちらです。

【注意点】
・トップ&バックで攻撃している状態から、ドライブ展開に持ち込まれた(前衛が抜かれた)場面を想定する。
・Aを後衛の選手であることを忘れない。
・前衛が触れなかった球を、『正確に』『速く』ドライブで打ち返す
・打ったあとすぐに次を構える

これらに注意してやっていきましょう!

5~10分程度で交代していきましょう。

この練習の派生パターンとして、こんな練習もあります!

2:1ドライブ(クロスドライブの対応)

【狙い!】
サイドへのカバー力を高める!
【手順】
①AはCとドライブを打ち合う
②Cはタイミングを図ってクロスドライブ
③Aは逆サイドに移動してBにレシーブ
④Bはストレートにドライブで返球→①〜③を繰り返す

こういう流れです。

注意点は、こちらです。

【注意点】
・クロスドライブの返球は、普段の2:1ドライブよりも『つなぎ』を意識する
(サイドへの移動をしながら、攻めの意識を持つのはなかなか難しい。まずは『つなぎ球』の意識から)

2:1ドライブ(ネット前へ返球)

【狙い!】
ドライブからネット前へ返球する意識を高める!
【手順】
①AはCとドライブを打ち合う
②Aはタイミングを図って、クロスのネット前に落とす
③Bはネット前の球をストレートに浅いロブ、またはハーフ球で返球
④AはBにドライブを打つ→①〜③を繰り返す。

こういう流れです。

注意点は、こちらです。

【注意点】
・Aがネット前に落とすときは、相手にバレないように!
・浅いロブ・ハーフ球が上がったら、強い攻めの意識を持ってドライブで返球しましょう!

2:1ドライブはダブルスの後衛にとって大切な練習です。最初はうまく出来ないことも多いと思いますが、繰り返し練習をして、前衛が抜けた時の、後衛の対応レベルを高めていきましょう!

無意識にできるようになるまで、鍛練です!

【参考文献】

・基本が身につく バドミントン練習メニュー200(池田書店)

株式会社KOKACARE代表取締役社長、KOKACAREバドミントンスクールヘッドコーチ。中学校からバドミントンを始め愛知県代表。高校では進学校の旭丘高校に通いながらバドミントンに没頭。慶應義塾大学に進学し関東学生でベスト16。教育業界・人事職を8年勤め、現在は小学生から社会人まで幅広い年代のバドミントン教育に携わる。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP