バドブログ

『どうアドバイスする?』バドミントンのゲーム間に効果的なアドバイス【Part2】

KOKACAREバドミントンスクール、ヘッドコーチの竹内裕詞です。前回の続きで、バドミントンのゲーム間に効果的なアドバイスの仕方について紹介していきます。

前回は『逆U字原理』に注目したアドバイス方法でした。詳しくはこちらをみてくださいね!

今回は『人間の情報処理』の観点からです。

人間の注意力には、限界がある

まず以下のことを認識しておきましょう!

・人間の注意力には限界がある
・ある一定量を超えるとそれ以上の情報は無視される
・注意を同時に2つの対象に向けることは非常に難しい
(注意は、まず1つの情報処理を行い、続いて次の情報処理を行うように時系列的だから)

つまり、選手が情報処理できるように、重要なアドバイスは、、、

1〜2点以内にとどめましょう!これだけで選手に対するアドバイスの質は劇的に向上します。

じゃ、具体的にどうアドバイスするの?

ではここからは、より具体的にアドバイスする方法をみていきましょう!

3点紹介します。

①対戦相手の特徴(長所・短所)をはっきり示す

【例】
・対戦相手の攻撃パターンや攻撃のコースを示す。

・対戦相手の弱点(不得意な技術、動きが遅いエリア)を示し、そこを攻めてエラーを誘うようにアドバイスする

・対戦相手の特徴的な返球コースとショットを示す
(自選手がこのコースに打ったら、相手はこのコース・ショットで返球すると伝える)

・対戦相手の得意なショットを明確にし、そのショットを打たせない、もしくは打たせて拾うことで心理的な揺さぶりをかける

・対戦相手の弱点が少ない場合は、粘り合いのラリー展開になるので、そのことを伝え心構えをさせる

②自選手の試合内容で特徴的なものを挙げる

【例】
・選手の攻撃パターン、コース、ショットが効いているかどうかを確認する。効いていない場合は変更・修正を促す。

・選手がエラーの多いショットを挙げ、エラーが多い理由を明確にして修正点を伝える。もしくはエラーの多いショットを極力打たないようアドバイスする

・コースやショットが一本調子になり、相手に読まれているかどうかを確認する。一本調子になっている場合は、ショットに緩急をつける、高低差をつける、打点を変更する、コースを変更するなどを示唆する。

③選手の心理に起伏が起こらないよう言葉を選ぶ

【例】
・勝ち負けのこだわった言葉は避ける。
・あのラリーで勝っていれば……、このゲームをとれば……など、過去を悔いたり、未来の架空の話は避ける。
・現在行なっているプレーに集中するようアドバイスを行う。

監督・コーチ・チームの上級生だけでなく、選手もこれらの内容を理解し、思考の習慣をつけることが試合に勝つ近道の一つです。

また、選手は指導者からの一方的なアドバイスを受けるだけではなく、選手からも現状分析や感覚を指導者に報告することが大切です!

アドバイスは指導者からのものですが、一方的にならず、双方向のディスカッションとなるよう工夫していきましょう。

株式会社KOKACARE代表取締役社長、KOKACAREバドミントンスクールヘッドコーチ。中学校からバドミントンを始め愛知県代表。高校では進学校の旭丘高校に通いながらバドミントンに没頭。慶應義塾大学に進学し関東学生でベスト16。教育業界・人事職を8年勤め、現在は小学生から社会人まで幅広い年代のバドミントン教育に携わる。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP