バドブログ

1日何キロカロリー食べていいの!?ダイエットして、スピードUP!(バドミントン)

こんにちは😊

バドミントントレーナーのYukoです。

今日は『ダイエット』したい!!こう思っている方への内容です!!

社会人になって太った!!

痩せたら絶対バドミントンもっと動けるはずなのに…

昔みたいに、ジャンプできない💦

社会人になって、体重が増えてしまった!

こういうお悩みを良く聞きます。

バドミントンしているのに痩せないんです…とか。

体重が増えてしまうと、プレーのスピードも落ちてしまうし、怪我にだってつながる可能性もあります。`

何より!引き締まっていたほうがカッコイイですよね!

ダイエットしよう!と思って、とりあえず米を食べない!!

なんてする方もいると思いますが、今日はまず1日にどのくらいの量を食べると良いの!!

ここを知ってほしいなと思います😊

1日の摂取カロリーがわかることで、ご飯を選ぶ際の参考にもなると思います!

KOKACAREバドミントンスクールでも、食事のサポートをさせていただいていますが、身体が軽くなると、心も、プレーも軽くなっている、こんな印象です!!

今日は一緒に計算しますので、電卓やメモ帳があるとわかりやすいですよ✨

では行きましょう!

標準体重を計算してみよう!

では、早速1日にどのくらいのカロリーを摂取して良いのか、計算してみましょう!

用意は大丈夫ですか?

今日は『厚生労働省「日本人の食事摂取基準」』そして『アスリートの栄養摂取と食生活 』この2つを使って計算していきます😊

詳しくはリンクをご覧ください!

厚生労働省「日本人の食事摂取基準」

アスリートの栄養摂取と食生活

1日のカロリー量を計算する前に、自分の標準体重を求めてみましょう!!

BMIって知っていますか?

BMIとは、身長に対しての体重の値を数値化したもので、ダイエットなどでの指標となるものです!

今回は標準体型と呼ばれるBMI22の体重を使っていきます。

BMI22の体重はこちらの計算式で求められるので、やってみましょう!

身長(m)×身長(m)×22=体重(BMI22)

例えば、身長160㎝の方だったら、1.6×1.6×22=56.32キロとなりますね。

どうですか?

ちなみに、今出した体重よりも、自分の体重のほうが多いな…という方は、肥満傾向にありますので、注意です!!

1日に必要なカロリーを計算してみよう!

必要カロリーは、年齢と運動量によって変わってきます!

バドミントンはハードなスポーツなので、バドミントンの練習をする日と、オフの日ではカロリー量が変わってくるんですね!

この運動量を3種類の身体活動レベルというのに分けていきます!

・一般の人(デスクワーク):1.5

・継続的に練習している人のオフの日:1.75

・バドミントン練習日:2

こんな感じです!

ポイントは、一般の人とオフの日の違いです!!

週3以上の練習やトレーニングを継続的に行っている方は、練習がない日もオフの日という扱いになりますが、週1バドミントンするだけ!

後は、ほとんど動かない!!

こんな人もいると思います。

こんな方は、バドミントンする日以外は一般の人の身体活動レベルだ!ということを忘れてはいけません。

週1バドミントンしているから、毎日普通の人より沢山食べなきゃ…!!ってやっていたら、体重が増えていってしまいます!!💦

では、先程の標準体重を使って計算していきましょう。

【年齢別基礎代謝基準値】

年齢男性女性
18~292422.1
30~4922.321.7
50~6921.520.7

こちらの年齢別基礎代謝基準値を使っていきます。

見るとわかるように、年齢を重ねるにつれて、基準値が下がっています!!

ということは…

いくら運動していたとしても、いつまでも学生の頃と同じ量では危険だ!!ということですね😊

この基準値を使って、自分の1日に必要なカロリーを計算する式がこちらです!!

標準体重(㎏)×基礎代謝基準値×身体活動レベル=○○kcal

例えば、30歳で60キロの男性で計算してみます!

一般の人の場合、2007㎉。

練習オフ日の場合、2341㎉

練習日の場合、2676㎉

一般の人と練習日で1食分くらい違いがありますね!!

この違いを意識すること、そして、1日のカロリー量を知ることは、ダイエットとしても、選手としてもとっても大事ですね!!

まとめ

今日は、『ダイエットして、バドミントンもっと強くなりたい!!』という方に向けて、1日のカロリー摂取量の求め方を紹介しました!

年齢や運動量によって、1日の摂取カロリーの違いが結構ありましたよね!

`皆さんの1日のカロリーもばっちり計算できましたか??

勿論、食べる内容というのもとっても大事なので、今後紹介していきますのでお楽しみに!

ただ、まずはカロリーの量を知ることで、コンビニや飲食店で選ぶときの目安になると思います😊

ダイエットして、身体が軽くなって、バドミントンもレベルアップしちゃいましょう!!

KOKACAREバドミントンスクールフィジカルトレーナー。中学校からバドミントンをはじめ、慶應義塾大学体育会バドミントン部でレギュラー選手になる。大手フィットネスクラブでトレーナー・マネージャーとして活躍後、パーソナルトレーニングスタジオKOKACARE立ち上げ。年間の施術人数は述べ2,000人を超える。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP