バドブログ

『バドミントンは男女で練習分ける…?』練習・トレーニングの違いは?

KOKACAREバドミントンスクール、ヘッドコーチの竹内裕詞です。今日は男女で練習を分けるかどうか、練習・トレーニングメニューをどうするかという話についてです!

中学校・高校の先生とかだと、『バドミントン部の顧問をやって!』と頼まれ、『男女どっちですか?』→『どっちもだよ!バドミントン部の顧問をお願いね!』という場合が少なくないでしょう。

そこでよく聞かれる相談が、『男女で練習って分けた方がいいのかな?』『練習・トレーニングってどう違いをつけるの?』などです。

練習を分けるときってどんな時?

そもそもですが練習を分けた方がいい時とはどんな時でしょう?

・レベル差があって”練習の質が落ちる”
・コミュニケーションが出来ず”練習の質が落ちる”
・モチベーションが落ちて”練習の質が落ちる” など…

すでにお気づきだと思いますが、『練習の質が落ちてしまうな…』と感じる時に練習を分ける必要があるわけです。

例えば、レベル差がある人を一緒くたに練習していると、『そもそもコートに入る人数が多くてあまりコートに入れない…』とか、『まともにラリーが出来ない…』とか、『練習強度が低くて楽すぎる』など。

こういった事態が続くと、結果的に全員のモチベーションが落ちてしまうので、総じて練習の質が落ちてしまいます。

この場合は、早急にレベル別などにして練習を分けた方がいいでしょう。

じゃあ男女で練習はどうするの?

もうお気づきだと思うのですが、もし男女一緒に練習することで、『練習の質が落ちる』のであれば分けることは必要でしょう。しかしほとんどの場合、そういったことはありません。

またバドミントンは男女で試合ルール、コートの広さ、用具が変わる訳ではないので、練習・トレーニング内容を区別する必要もないです。

男女という分け方ではなく、あくまで個人として捉えて、その個人のレベルはどうなのか?を踏まえてコートを分けたり、時間帯を分けたりするのが良いです!

忘れちゃいけない、注意点。

ただ、一つ注意点があります!それは男女で戦法に違いがあることです。この点は考慮すべきです。一般的に、女子選手は男子選手に比べ爆発的なスマッシュのスピードがありません。スマッシュ力が弱いということで、シングルスではカットを多用したり、ダブルスではスマッシュを活かすために他のショットを混ぜて、対戦相手の反応が遅れるようにしていきます。

つまり実践的な練習では、戦法を必ず踏まえた練習になるので、男女を一緒くたにすることで、生まれる弊害が多くなります。この点は気をつけましょう!!

『男女だから分ける!』という思考は、どちらかというと固定観念で、むしろ思考停止になっていることが多いです。柔軟に個人ごとのレベルや特徴、体格や性格などを踏まえた上で、コートやグループ、練習時間などを変えていくと効果的です。

株式会社KOKACARE代表取締役社長、KOKACAREバドミントンスクールヘッドコーチ。中学校からバドミントンを始め愛知県代表。高校では進学校の旭丘高校に通いながらバドミントンに没頭。慶應義塾大学に進学し関東学生でベスト16。教育業界・人事職を8年勤め、現在は小学生から社会人まで幅広い年代のバドミントン教育に携わる。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP