スクールブログ

おうちバドは『細分化』がカギ

こんにちは😊

バドミントントレーナーのYukoです。

皆さんおうちバドはやっていますか??

今、コロナの影響でバドミントンが体育館でできません💦

もやもやしている方、とっても多いと思います。

私も早く体育館で思い切りシャトルを打ちたいなー!そう思っています!

体育館でできないけど、なんとかバドミントンの練習がしたい!

じゃあ、『おうちでバドミントンの練習をしよう!!』

これが『おうちバド』です(^▽^)/

今日はおうちバドをする上で、大切だな思うテーマ

『おうちバドのカギは細分化』ということについてお話したいな!と思います。

『細分化!?』聞きなれない言葉かもしれません。

ココを意識することで、おうちバドがさらに楽しく、そしてレベルアップにも繋がっていきます!

また、おうちでできるバドミントンの練習をするうえで、『これだけは守ってね!!』そんな、おうちバドの注意点もご紹介します!

バドミントンって恵まれたスポーツだった!!

まず、これを認識することが大切かなって思います。

ズバリ!!

『バドミントンは恵まれたスポーツだった!!』

これです!

体育館という天候に左右されない環境、 そして、2人いれば練習も試合もできる!!

屋外スポーツだったら、天候にとっても左右されますよね!

サッカーや野球で試合となれば、20人くらい集まらないと出来ません。

なので、私達が普段やっていた練習も、トレーニング以外では、体育館でコートを使って行う練習がメインだったと思います。

ただ、野球などで考えてみましょう!

グラウンドが使えない時は、ノックシャトルを使ってバッティング練習や素振りをしたり。

試合の1つのシーンを切り取って、キャッチングの練習をしたりと

その場所や制約によって、練習を工夫していたんです。

私達も、今こそ、体育館が使えない中で、現状の制約を確認して、今できる練習がなんなのか??

考えていきましょう!!!

おうちでやる制約を確認しよう!

おうちバドをやるうえで大切なのは、お家には色々な制約があるってことを理解するということです。

こんな制約がありますね!今回はマンションの方をイメージしています。

一軒家の方や、お家が広い方などは関係ない部分もあるかもしれませんが、一番制約が多いだろうマンションの方をイメージしています。

この制約に気をつけながら練習する必要があります。

制約は大きく分けて3つです。

『音』『高さ』『広さ』

①音
打球音・落下音・シャトルが壁にぶつかる音・足音
ラケットが家具や壁に当たる音

②高さ
天井の高さ、ネットの高さ

③広さ
練習できるスペースの大きさ

こういった制約は、きちんと意識して練習しないと、周りの人への迷惑になります。お隣や下の階に住んでいる方、ご近所さんや大家さんなど。

『バドミントンやっている人ってマナー悪いよね!!』

これは決して思われたくないですよね!!

現在自粛期間で、周りの方もみんなやりたいことが、満足にできていない状況です。だからこそ、迷惑はかけない!このルールは一番に守りましょう!

これは、私からも本当にお願いです!!

では、この制約を注意するためにどうすればいいのか!?

落下音や足音については、パズルマットや、ヨガマットなどで響かないようにしましょう。

詳しくはこちらの動画をご覧ください。

ネットの高さがわかるように、簡易ネットやガムテープ、紐で高さがわかるように練習するのがオススメです!

詳しくはこちらの動画をご覧ください。

打球音やシャトルが壁にぶつかる音についても、今後ブログにて『こんな方法があるよー!』ということをご紹介していきますね!

大事なのは細分化

おうちでの制約がわかったところで、『じゃあなんの練習をしよう!?』

ここで大切なのが今日のテーマ

『細分化』です!!

おうちという制約がある空間で、バドミントンの練習を細分化して考えてみましょう!!

家で練習する場合、使える空間はどのくらいなのか??
例えば、2メートル×2メートルだと考えてみましょう!!

ネット前(フォア)
サイドレシーブ(バック側)

コートのどの場所の2メートル×2メートルを練習しているだろう??

これを意識して素振りやノック練習をするだけでも、とっても意味のある練習になりますよね!!

また、フットワークや持久力のトレーニングは公園で。

筋力を上げるトレーニングは、その部分の筋トレで。

高さが必要な練習や強いショットを打つ練習は公園で。

など、おうちバドの制約を考えながら、バドミントンを細分化していけば、練習メニューは無限大に作ることが出来そうですね😊

外で練習する際も、人に迷惑をかけないように、そしてルールをしっかり守ってやりましょうね。

外で練習する際の注意点もまた、別の動画でお伝えしますね!!

今回は、おうちバドは細分化がカギ!というテーマでお話しさせてもらいました!バドミントンの練習ができない…とモヤモヤしている心を、少しでもサポート出来たら嬉しいです!

具体的にどんなおうちバドメニューがあるの!?ということについては、これから動画で出していきますので、お楽しみに✨

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP