スクールブログ

筋肉Day!猫背改善でショット力UP『小胸筋』(バドミントン)

こんにちは😊バドミントントレーナーのYukoです。

今日は…筋肉Day!!

ということで、1つの筋肉について、楽しく、わかりやすく解説したいと思います!!

この1回のブログで筋肉のこと詳しくなっちゃいましょう!

今日もこの筋肉かるたの中から紹介していきますね!

今日の筋肉は『小胸筋』です!!

立派な胸板 その下に

隠れています 小胸筋

(引用)筋肉かるた

小胸筋ってどんな筋肉??

小胸筋ってどんな筋肉なのか?

胸筋っていうと、胸の筋肉だけど、小胸筋って普通となんか違うの??

小胸筋は背中についている肩甲骨から、前面についている肋骨を結ぶようについている筋肉です!

胸の筋肉なのに、肩甲骨からついている!これが特徴の筋肉ですね😊

筋肉かるたでもいっているように、胸板である大胸筋の下に隠れている筋肉です。

鎖骨と肩の付け根あたりを触ってみましょう!

少しくぼんでいる部分ありますよね!そのあたりを通っているのが小胸筋です。

小胸筋ってどんな働きをするの?

では小胸筋ってどんな働きをするのでしょうか??

小胸筋は肩甲骨を外転といって、外に開く働きがあります。

肩甲骨を背骨から引きはがすイメージで動かしてみましょう!

この時に小胸筋が使われています!

この姿勢、どんな姿勢になりますか??

そうなんです!猫背のような姿勢ですよね!

この小胸筋は、固くなると巻き肩の姿勢を作ってしまう筋肉なんです💦

バドミントンでは猫背はデメリットがとても大きいです!

肩の可動域が狭くなって、肩や腰を痛める原因にもなります!

デスクワークやスマホを使いすぎている方は特にストレッチやマッサージをしっかりしてほしい筋肉になります!

テイクバックもしやすくなって、ショットの威力もアップしますよ😊

まとめ

では最後におさらいです😊

今日紹介した筋肉覚えていますか??

肩甲骨と肋骨を繋ぐ、大胸筋の下にある筋肉でしたね!

肩甲骨を外に開く働きがあるので、固くなると巻き肩を作ってしまう筋肉でした。

バドミントンで肩の可動域を上げて、力強いショットを打つためにも、ストレッチやマッサージが大切な筋肉です!

もう、皆さん内容も完璧ですね😊

では、いきますよ!せーの!!

しょーきょーきん!(小胸筋)

今日も読んでいただきありがとうございました!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP