バドブログ

レシーブ姿勢で腰痛を予防しよう!!腰痛と股関節の関係について

こんにちは!バドミントントレーナーのYukoです。

今日はバドミントン選手によくある腰痛についてです!

腰痛を関節と身体の関係から説明したいなーと思います😊

腰痛の8割は原因不明

慢性的な腰痛を持っているバドミントン選手って多いですよね。

実は私も、大学時代は腰痛に悩まされていました。

「たくさん練習すると腰が痛くなってしまうんです💦」

「腰が痛くなるのは、いつものことなんで、、、( ノД`)」

そんな風に思っていませんか??

腰痛にも様々な原因があります。

整形外科で診断される症状は、こんな感じです。

椎間板ヘルニア、すべり症、腰椎分離、脊柱管狭窄症

これらは、レントゲンでわかるような症状です。

ただ実は、、、腰痛の約8割は原因不明なんです!!!!

ねー!!!原因不明なんてびっくりですよね。

原因不明というのは、レントゲンでは異常がないという状態です。

お医者さんで「使い過ぎだよ!」と湿布を痛み止めをもらっていませんか?

原因不明の腰痛は、プレー中の身体の使い方が関係している可能性が大きいです。

関節と身体の関係

腰痛と身体の使い方の関係といっても色々な要因があります。

今回腰痛の原因として、注目するのは『股関節』です。

では、なぜ股関節に注目するのか、、?

それは、関節と身体にはとっても面白い関係性があるからなんです。

関節と身体の関係について紹介していきますね。

私たちの身体は関節の連続で骨格を形成しています。

関節は、骨と骨を繋ぎ合わせている場所のことです。

肩関節、肘関節、股関節、膝関節など沢山あります。

関節って名前なので、どれも同じ感じがしますよね??

実は、関節の可動域は、関節ごとによって大きいものと小さいものがあるんです!!

そして、私達の骨格というのは、関節可動域が小さい個所と大きい個所で交互に並んでいるんです!!

これが今回の大切なポイントです!!

足の指関節:可動域小

足首関節:可動域大

膝関節:可動域小

股関節:可動域大

腰椎:可動域小

胸椎:可動域大

肩甲骨:可動域小

肩関節:可動域大

肘関節:可動域小

手首関節:可動域大

指関節:可動域小

もう少し具体的に説明しますね!

例えば、足首はクルクルいろいろな方向に回りますよね。

足首は可動域が大きい場所です。

膝はどうでしょう?

曲げ伸ばししかできませんよね。

つまり、膝は可動域が小さい場所です。

股関節はクルクル回すころができるので可動域が大きい場所。

腰は腰椎つまり小さい骨1本1本が少しずつしか動きません。

従って可動域が小さい場所です。

こんな感じで、可動域が大きい関節、小さい関節が交互に並んでいるんでいるんです!

人間の身体って面白いですよね~!!(^▽^)/

この関節可動域の大小の考え方で、痛みの原因などが見えてくるんです👀

では、腰痛について考えていきます。

腰椎の可動域は小さいです、そんなに沢山動く関節ではありません。

腰が痛くなるというのは、腰椎が過剰に動いている状態というのが考えられます。

ではなぜ過剰に動いてしまっているのか?

それは、本来沢山動くべき関節が動いていないからです。

腰椎の隣にあるのは、股関節と胸椎ですよね。

この股関節と胸椎の可動域がちゃんと働いていない。

だから、腰が頑張って動かなくてはいけなくなっている!!

そして腰に痛みが出てしまっているということです。

勿論、可能性なので、原因は足首からもしれないし、肩関節かもしれません。

隣にある関節が関係していることが多いというだけです。

今回は股関節と胸椎の2つのうち、股関節に特化してチェックしていきます!

何故なら、股関節は皆さんが、自分でチェックしたり改善しやすいからです。

胸椎については、また別の機会にお話しますねー!!

まとめます!

腰の隣にある、股関節が使えていないと、腰に負担がかかって腰痛になりやすい!!

レシーブ姿勢でチェック股関節の使い方

股関節の使い方ができているか、レシーブ姿勢でチェックしてみましょう!!

腰が丸まってしまったり、腰が反ってしまっている方は、股関節が上手く使えていない可能性があります。

つまりレシーブ姿勢で腰に負担がかかっている状態です。

股関節を使うためのポイントは、お腹に力を入れることです!!

お腹に力を入れることで、体幹が安定します。

つまり、腰を反ったり、丸めたりしない状態を作れます。

その状態だと、股関節が使いやすくなります。

ぜひレシーブ姿勢を取る時は、腰に負担をかけないよう、股関節を使う!!

その為にお腹に力を入れる!

これを意識してみましょう!腰痛予防の1つになりますよ✨

今回のポイントは4つです😊

腰痛の8割は原因不明であること。

関節可動域が小さい個所と大きい個所で交互に並んでいること

股関節が使えていないと、腰に負担がかかること

股関節を使うためには、お腹に力を入れること

痛みがない、楽しいバドミントンライフを送りましょう!!!✨

KOKACAREバドミントンスクールフィジカルトレーナー。中学校からバドミントンをはじめ、慶應義塾大学体育会バドミントン部でレギュラー選手になる。大手フィットネスクラブでトレーナー・マネージャーとして活躍後、パーソナルトレーニングスタジオKOKACARE立ち上げ。年間の施術人数は述べ2,000人を超える。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP