スクールブログ

おうちバドメニュー!サイドレシーブノック編

こんにちは😊バドミントントレーナーのYukoです。

今日はおうちバドの練習メニュー『サイドレシーブ』をご紹介します!

コロナの影響で、体育館で練習できない。。

おうちでもバドミントンの練習をしたい!!

そんな方に向けた動画です✨

サイドレシーブは広いスペースがないと出来ないのでは??

と思われるかもしれませんが、色々なパターンでご紹介していきます!

注意点

おうちバドをやる上での注意点はこちらをご覧ください。

簡単におさらいしますね。

バドミントンを細分化して練習しましょう!

そして、おうちバドの制約を確認して、ルールを守って練習しよう!

こういうことでしたね!

制約はこちらです!

①音
打球音・落下音・シャトルが壁にぶつかる音・足音
ラケットが家具や壁に当たる音
②高さ
天井の高さ、ネットの高さ
③広さ
練習できるスペースの大きさ

必ず確認してから練習していきましょう!

メニューのやり方

では具体的な練習方法を見ていきます。

今日のメニューはサイドレシーブのノックです。

ただサイドレシーブの練習といっても、どのシーンを切り取って練習しているかを意識することが大切です。

今回は2メートル×2メートルのスペースを想定していきます。

自宅のスペースに合わせて、1メートル×1メートルなのか、もっと広くなのか、で切り取り方を変えて下さいね。

後で実際の練習風景をご紹介しますが、最初にまとめて言葉で紹介していきますね。

ちなみに、自粛中なので、バドミントンをしていないご家族の方や、ご兄弟の方がノックを出されることも多いと思います。

なので、ノッカー目線の動画もgoproで撮ってものを、ご紹介しますので、是非参考にして、ノックを出してあげてください😊

フォア側

フォア側を切り取るとこんなイメージです。

この中で2パターンの練習をします。返球するショットは全部ストレートリターンです。

動き方、ノッカーの位置や投げる向きを変えていきます。

①ノッカーストレート

②ノッカークロス

バック側

バック側は、レシーバー側が右足、左足バージョンと2種類やっていきます。

①ノッカーストレート→レシーブ右足

②ノッカークロス→レシーブ右足

③ノッカーストレート→レシーブ左足

④ノッカークロス→レシーブ左足

この4種類になります!

では実際の練習風景を見ていきましょう😊

今回は、練習メニューの紹介なので、技術などの説明はしていませんのでご了承ください。

では行きましょう!!レッツおうちバド!

今日はおうちバドサイドレシーブ編をご紹介させてもらいました。

レシーブも技術の1つなので、おうちバドで磨いていきたいですよね!

是非みなさんやってみて下さいね😊

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP