バドブログ

筋肉Day!前脛骨筋

こんにちは😊バドミントントレーナーのYukoです。

今日は…筋肉Day!!

ということで、週に1回1つの筋肉について、楽しく、わかりやすく解説したいと思います!!

この週1回で筋肉のこと詳しくなっちゃいましょう!

筋肉かるたの中から発表していきますね!

今日の筋肉は『前脛骨筋』です!!

脛骨を覆っていたら

泣かずにすんだよ 弁慶も

前脛骨筋

(引用)筋肉かるた

前脛骨筋ってどんな筋肉??

前脛骨筋ってどんな筋肉か?

弁慶ってどういうこと??

『弁慶の泣き所』というように、膝の下の脛ってとっても痛いですよね!

この脛の外側の前についている筋肉が前脛骨筋です。

脛って、脛骨という名前なのですが、この脛の前についているから、前脛骨筋って名前なんですね!

筋肉って、結構名前の通りなんです…😊

脛骨の外側の前には、前脛骨筋がついているんですが、内側の前には筋肉はついていないんです。

なので、この『弁慶の泣き所』って呼ばれる部分、とっても痛いんですよね!

さっきの筋肉かるたの読み札も、これで腑に落ちますね!!

前脛骨筋ってどんな動きするの?

この前脛骨筋は、つま先を自分のほうに持ち上げる時に使われる筋肉です。

では、つま先を持ち上げてみてください!

前脛骨筋が動くのがわかりますか??

分かったら、前脛骨筋を使って動いている証拠ですね!!

バドミントンだと、ジャンプの時にぐっと踏み込んだり、フットワークで蹴りだすときに、よく使われる筋肉ですね!!

たまに、バドミントンするとこの筋肉が痛くなる…

という方いらっしゃいますが、足首が固い方だと、前脛骨筋を過剰に使ってしまうので、負荷がかかりやすいんです。

前脛骨筋で蹴りだすパワーを使うためにも、足首を回したり、前脛骨筋をしっかりストレッチしてあげましょう!!

では最後におさらいです😊

今日紹介した筋肉は…?

ぜんけーこつきーん!!!

KOKACAREバドミントンスクールフィジカルトレーナー。中学校からバドミントンをはじめ、慶應義塾大学体育会バドミントン部でレギュラー選手になる。大手フィットネスクラブでトレーナー・マネージャーとして活躍後、パーソナルトレーニングスタジオKOKACARE立ち上げ。年間の施術人数は述べ2,000人を超える。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP