バドブログ

伸張反射に注意!?ストレッチで柔らかいプレーを手に入れるコツ(バドミントン)

こんにちは😊

バドミントントレーナーのYukoです。

今日は『ストレッチのコツ』これについてお話していきます!

身体が硬すぎて、ストレッチ挫折してしまう

ストレッチは痛いから嫌い

バドミントンで怪我を予防したり、パフォーマンスをアップするためにも、身体を柔らかくすることはとっても大切です!

だから、ストレッチしたほうがいいのはわかっている…

ただ、身体がかたいと、ストレッチするのも痛くて、中々続かないんです💦

私はトレーナーとして、年間約2000人の方にストレッチを行っているんですが、身体がかたい方は、本当に皆さんこの話されます!!

ストレッチは痛い

痛いものは続かない

もっとかたくなる

この悪循環です(´;ω;`)

ストレッチがただ痛いだけ!!

と思っていた方は、もしかしたらやり方に問題があったのかもしれません。

ストレッチの効果を高め方法は、色々ありますが、今日はその中でもとっても大切なスタティックストレッチの『コツ』をお伝えしていきます!!

柔軟性が高まることで、強いショットを打てるようになったり、コート内で疲れにくくなる!なんて効果につながる可能性も高いです。

ぜひ、今日のコツ覚えて実践してみて下さい😊

柔軟性を高めるスタティックストレッチ

まず初めに、今日のお話はスタティックストレッチのコツです!

ストレッチにも色々な種類があったこと、覚えていますか?

詳しくはこちらの動画をご覧ください😊

スタティックストレッチは、練習後や寝る前に行うストレッチで、ゆっくり反動をつけずに伸ばすのがポイントでしたね!!

継続して行うことで、柔軟性向上という効果もあります。

バドミントンの疲れを次の日に残さないために、行う方も勿論多いと思いますが、身体のかたさを改善したい!!

そう思って頑張っている方も多いのではないでしょうか?

このスタティックストレッチでより効果を出すためのポイントは

伸張反射を抑えよう!

もう一度言いますね!

伸張反射を抑えよう!!

これです!!

伸張反射とは?

伸張反射ってちょっと難しい言葉に感じますよね。

簡単にいうと、筋肉は伸びると、縮むよ!!

ということです!

えー!どういうことー??

もう少し具体的に言いますね。

眠くなってきて、頭がカックンカックンするときってありますよね!

この時、首の筋肉は一瞬伸ばされますが、すぐに縮んで元の位置に戻ろうとします。

これは、これ以上首が伸びたら危ないとー!!って身体が察知して、元に戻してくれているからです。

他にも、誰かに背中を押されて前に倒れそうになった時も、ももの裏の筋肉が

急に伸びて危ない!!

と感じてぐっと縮んで、身体が倒れない等にキープしてくれています。

このように、身体の防衛反応として、急に筋肉が伸ばされると…

「危ない!!」

と察知して、縮むほうに働く!

これが『伸張反射』です!

これは、身体にとってとっても大切な機能です👍

ただ、スタティックストレッチで筋肉の柔軟性を高めたい!

という時には、邪魔になってしまいます💦

伸ばしたいのに、縮んでしまうんですもんね。

なので、伸張反射を抑えてストレッチすることがポイントなんです!

痛いまでやらない!

じゃあ、どうやって伸張反射を抑えるといいのか!

それは『痛いまでやらない!』これです!

ストレッチで痛いまで伸ばそうと頑張っている方結構多いです!

痛いと身体が感じると、危険だと認識して、伸張反射が起きやすくなってしまいます。

痛いまでいかないけど、伸びてるな!

ここまででOKです!

そして、15秒から30秒、反動をつけずに、伸ばし続けてみましょう!

段々伸びていることに慣れてきて、『あれ、ちょっと緩んだかな??』

こう思ったらばっちりです!!伸張反射抑えることができています!

ストレッチは痛いから続かない…という方😊

痛くない、そして効果が高まるストレッチだったら、毎日頑張ってみよう!!

そう思っていただければ、とっても嬉しいな!と思います。

柔軟性が高まることで、バドミントンのパフォーマンスアップは勿論、怪我の予防にも繋がります!

ぜひ、痛くないストレッチやってみて下さい!

まとめ

今日は『身体がかたくてストレッチを挫折してしまう』とという方に向けて、ストレッチのコツ!をお話ししました。

ポイントは

伸張反射を抑えよう!

これでしたね!

伸張反射とは、身体の防衛反応のことで、筋肉は伸びるのを『危ない!!』と察知すると、縮んでしまう!

こういう性質のことを言いました。

だから、この伸張反射を抑えないと、伸ばしたいのに縮んでしまうんでしたよね。

伸張反射を抑えるためには、痛いまでやらない!これがポイントでした。

痛くて、ストレッチ続かなかった方には朗報ぴったりなポイントですね😊

ストレッチで柔軟性が高まることで、痛みの改善や怪我の予防につながりやすいし、パフォーマンスアップにもつながります!

毎日コツコツストレッチして、バドミントンパワーアップしましょう!

KOKACAREバドミントンスクールフィジカルトレーナー。中学校からバドミントンをはじめ、慶應義塾大学体育会バドミントン部でレギュラー選手になる。大手フィットネスクラブでトレーナー・マネージャーとして活躍後、パーソナルトレーニングスタジオKOKACARE立ち上げ。年間の施術人数は述べ2,000人を超える。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP