スクールブログ

水分補給の方法を知って!夏のバドミントンで熱中症対策をしよう!

こんにちは😊バドミントントレーナーのYukoです。

今日は熱中症対策シリーズ第1弾!!

ということで、水分補給をテーマにお話ししていきます!

夏の練習では、どのくらい水飲めばいいの??

熱中症になりかけたことがあるから、対策を知りたい!

特に、今年からバドミントン部に入った!なんて方は、夏の練習は初めてですよね。

バドミントンは、風が天敵です!

なので、窓を空けれなかったり、扇風機を回せなかったりと、熱中症のリスクがとっても高いスポーツです。

熱中症の対策は沢山ありますが、水分補給!これについて、ぜひ覚えてほしいなと思います💪

今日はスポーツ庁が出している

『スポーツ活動中の熱中症予防ガイドブック』

これをもとにお話ししていきます。詳しくはリンクをご覧ください!

なんで水分補給が大事なの?

どんな水を、どのくらい飲んだらいいの?

しっかりとした水分補給で、パフォーマンスアップにも、繋がって、練習の質も格段に上がりますよ!

水分補給が大切な理由

まず、なぜ熱中症対策に水を飲むことが大切なのか??

それは…

汗をかく為です!

人間は、汗をかくと、それが蒸発することで、身体の熱を外に逃がしてくれる、こんな素晴らしい働きがあります。

梅雨の時期って、湿度が高いので、汗をかいても身体に熱がこもってしまうことありませんか??

これは汗が蒸発できずに、身体の熱が外に逃げてくれないからです。

こんな、凄い仕組なんですが・・・

これは適切に水分を摂っていいないと、機能してくれません!

身体の熱を外に逃がすためにも、水分をとって、汗を逃がすことが大切なんです😊

何を飲めばいいの?

じゃあ、何をどのくらい飲めばいいの?

ポイントは3つです!

①喉の渇きを感じないくらい

②5度から15度に冷やして

③塩分と糖分を含んだもの

これです!

①喉の渇きを感じないくらい

1つ目は、飲む量ですね!

簡単に言うと、喉の渇きを感じないくらいです。

具体的に言うと、運動後に体重が2%以上減らないくらいの量。

ということですね!体重の2%なので、50キロの人だと、運動後に1キロ以上体重が落ちていたら、水分補給が足りていない!という証拠です。

ただ、中々運動後に体重を計るって難しいので、目安として、喉の渇きを感じないくらいの水を飲んでいると、不足することはない!

というのが、データでわかっているそうです😊

喉渇いたな…!これでは、遅くて、渇く前に飲んでおく!

これが正解です✨

いつでも、皆さんのタイミングでお水が飲める環境を作ってあげましょうね!

②5度から15度に冷やして

2つ目のポイントは、5度から15度に冷やした水を飲もう!です。

5度ってどのくらい??

というと、冷蔵庫から取り出してすぐくらいです。

冷たい水は、お腹を下す。とも思われますが…

身体を内側から冷やすことで、熱中症を予防することが出来ます。

また、冷たい水分のほうが、暑い夏は飲みやすく感じる。というのもわかっています!

保冷バックや、凍らしてもっていく、など、工夫してみて下さいね😊

③塩分と糖分を含んだもの

3つ目のポイントは、塩分と糖分を含んだものを飲もう!!

つまり、スポーツドリンクを飲もう!です。

汗はほとんどが水ですが、塩分が含まれている為、補うためにも塩分。

そして、エネルギー源となる糖分も一緒にとると、吸収しやすくなるんです。

ただの塩水よりは、スポーツドリンクのほうが飲みやすいですよね!

ここで、注意点は糖分の摂りすぎです!!

スポーツドリンクの場合も、ものによっては糖分が多いものがあるので、甘いなーというスポーツドリンク は糖分が多いので、少し水で薄めて下さいね😊

たまに、コーラとかジュースを飲んでいるかた見かけますが、糖分が多く含まれていると、胃腸に負荷をかけてしまいます。

美味しいですが、スポーツをする時は、注意です!!

まとめ

今日は、 熱中症対策シリーズ第1弾 ということで、水分補給について詳しく説明しました。

夏の練習を乗り切るためには、熱中症にならないこと、そして質の高い練習ができることがありますよね!

その為に、大事な水分補給のポイントをお話ししました。

なぜ、水分補給をするかというと、汗をかいて、熱を逃がす為でしたね。

そして、水分補給のポイント3つ覚えていますか?

①喉の渇きを感じないくらい

②5度から15度に冷やして

③塩分と糖分を含んだもの

これでした!

喉が渇いたと感じるまえに、冷たいスポーツドリンクを飲もうね!

ということでしたね。

水分補給って当たり前のことでも、夏の練習でパフォーマンを上げるためには、こだわってほしい大切なことです!

明日の練習から~レッツトライ!!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP