バドブログ

身体から見る!バドミントンで相手のショットを読むコツ(ストレート&クロス)

こんにちは😊

バドミントントレーナーのYukoです!

今日は、相手のショットを読むコツ★

をお話ししようと思います!!

バドミントンって、騙し合いのスポーツですよね✨

なので、相手のショットが読めたら・・・・!

とっても有利に試合を運ぶことができます!

今日お話しするのは、升先生の論文に基づいたお話です。

クリア、スマッシュ、ドロップをフォア奥から打つ時の身体の使い方の違いについて書かれています。

論文について、詳しくはこちらからご覧ください!

升 佑二郎 先生『  バドミントン競技におけるフォア奥からのクリア,ドロップ,スマッシュによる ストレートとクロス方向への打ち分け動作の比較

実際の試合の中では、いっぱいいっぱいで、相手のフォームなんて見れないよ!!💦

その選手によって打ち方なんてそれぞれでしょ??😡

その通りだと思います!!

実際に、テイクバックからインパクトまでは0.3-0.4秒という1秒未満の世界です。

ただ、シャトルへの反応速度や、予知能力は上級者になるほど、高いということがわかっています。

上級者の方は、理論的にではなくても、経験から、こういう身体の入り方の場合は、ここにくるかも??

というのがわかっているということです!!

経験だけでなく、知識としても知っておくことは、とっても大切ですよね✨

『シャトルアイズ』という漫画で、主人公の 項羽くんが、身体や筋肉の使い方から、このショットが来る!というのが読めていますよね😊

あれ、欲しいですよねー!!!(笑)

あそこまではいかなくても、そんな気持ちで読んでください!

フォア奥からのショットの見分け方

以前の記事で、ストレートに打つ際のスマッシュ・クリア・ドロップの見分け方について紹介しています!

詳しくはこちらをご覧ください。

今回は、フォア奥から、ストレートとクロスへの打ち分けを見分けるポイントです!

①クロスのほうがテイクバックが大きい

スマッシュ・クリア・ドロップの全てのショットで、テイクバックの時に

肘を引く動作、つまり胸を張る動作が大きいという結果になりました。

クロスのほうが、落下地点までの距離が大きい為、よりパワーを発揮する為なのかもしれません。

②クロスのほうがインパクトが頭の近く

スマッシュ・クリア・ドロップの全てのショットで、インパクトの時に手首の位置が頭に近い位置を通るという結果になりました。

また、インパクト直前の手首のスピードがクロスに打つ時のほうが上がるので

ストレートに打つ時より手首を使っているということがわかりますね!

③ドロップはストレートクロスの差が圧倒的

スマッシュ・クリア・ドロップに置いて一番打ち方の違いが明確なのはドロップだったそうです。

そもそもストレートに打つ時の打点が、クリアやスマッシュに比べて身体が遠くにある。

クロスに打つ際には、より打点が身体に近くなっているのです。

ドロップのフォームを見極めると、そこからストレートとクロスは予測しやすいということかもしれませんね!

今回は、フォア奥からオーバーヘッドストロークを見極めるポイントをお伝えしました!✨

加えて、カットやジャンプスマッシュ、そしてタイミングを変える、

などが入ると、また難しくなりますが、

相手のショットを見極める1つのポイントとして使ってくれたら嬉しいです😊

KOKACAREバドミントンスクールフィジカルトレーナー。中学校からバドミントンをはじめ、慶應義塾大学体育会バドミントン部でレギュラー選手になる。大手フィットネスクラブでトレーナー・マネージャーとして活躍後、パーソナルトレーニングスタジオKOKACARE立ち上げ。年間の施術人数は述べ2,000人を超える。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP